Life

【mac初心者必見】macでの作業をより快適にする便利なオススメアプリ15選!

mac おすすめ アプリ

みなさんこんにちは!

僕はこのブログはもちろん、仕事もコチラの記事で紹介しているMac Book Pro13インチで行っています。

そんな中、毎日必ずと言っていいほど使っているアプリがあったのでご紹介していこうと思います。

こんな方にオススメ
  • macを買ったのはいいけど、どんなアプリを入れたらいいか分からない
  • macの使い勝手をよくしたいと思っている
  • 「macのオススメアプリ」関連の記事で紹介されているアプリが多すぎてどれがいいか分からない

macの作業をより快適にする便利アプリ15選

iPhoneやiPadとの連携機能も多く、基本設定を簡単にカスタマイズするだけでも十分に便利で様々なことができるmac bookですが、その機能をさらに向上させ、macの使用をより快適に楽しくしてくれるアプリを15個ご紹介します。

今回はビズネスユース、プライベートユース、どちらにも利用できるアプリを選んだので多くの方の参考になると幸いです。

ビジネスでもプライベートでも大活躍するアプリ

まず一番初めにビジネスでも、プライベートでも、様々なシーンで活躍するアプリをご紹介します!

どれも便利なアプリなので、ぜひ試してみてください!

1. 世界の情報に素早くアクセス!「Google Chrome」

google chrome

まず一番初めにご紹介するのはGoogleが開発するブラウザアプリ、Google Chromeです。スマホ版アプリとの連動性も高いので、スマホとmac間のシームレスな作業の移行が可能です。

また、様々な拡張機能があるのでブラウザ単体での効率化を図ることができます。

karuta
karuta
「ページのアプリ化」ができたりと、本当に便利でいいアプリなのですが、電力消費量が多いのが玉に瑕です…。
拡張機能の話はまた別で記事にしようと思います!
AppStore

2. 仕事も私事も一元管理「station」

station

2つ目にご紹介するのはStationというショートカットアプリです。

SlackやChatWorkといったビジネスシーンで活用されることが多いコミュニケーションツールはもちろん、Asanaと言ったプロジェクト管理ツール、GmailやGoogleカレンダー、Googleドライブ、TwitterなどのSNSアカウントといった複数のサービスを一つのアプリで一元管理することを可能にできるアプリです。

karuta
karuta
Macでは複数のデスクトップを作って作業を行うことができますが、様々なアプリが開かれて、自分が探したいウィンドウをを見つけられないのってストレスですよね。

statioはそんなストレスから解消してくれる便利なアプリです!

stationのDLはコチラから!

3. ファイルの移動を簡単に!「Yoink」※有料

yoink

Yoinkは仮想の小さなウィンドウを画面上に作り、一時的なファイルの保持を可能にするアプリです。

複数デスクトップをまたがるファイルの移動や複数のウィンドウを展開している中での一時的なファイルの保持、そしてブラウザから「ダウンロードするする必要はないけど、利用したい画像データ」を利用する際にかなり便利なアプリです。

AppStore

4. 画面分割で作業を効率化「Magnet」※有料

magnet

Magnetは画面分割を効率化するアプリです。

macではwindowsのように1ページに置くアプリごとの画面の配置を最適化することができないのですが、Magnetはそれを可能にするアプリです。

単純に画面を分割するだけではあるのですが、一つのページを閲覧しながら別作業を行うことができるだけでかなりの効率化につながります。

AppStore

5. 画像圧縮を簡単に迅速に!「Image Optim」

imageoptim

5つ目にご紹介するのはImage Optimという画像のサイズを圧縮するアプリです。

web関連の仕事やブログの運営などをしている方は画像ファイルのサイズを変えたりすることは日常茶飯事だと思うのですが、このアプリはその作業をかなり簡単に、かつ迅速に行うことができるようになります。

画像の圧縮するアプリは数多くあるのですが、このアプリはUI / UXが秀逸で言語が英語であることが使用を全く妨げないような作りになっているので、「圧縮ソフト」を探している方には強くオススメしたいアプリです!

AppStore

6. macでのZIP化を簡単に!「WinArchiver Lite」

winarchiver lite

6個目にご紹介するのはWinArchiver Lite、完全にビジネスユース向けのアプリです。

WindowsとMacではそれぞれ実装されている機能でZIP化したファイルを展開した場合、文字化けやファイル崩れが起きてしまい、中身の確認ができない可能性があります。

このアプリを使うと上記のようなMac環境でZIP化したファルダをデータ破損することなく、Windows環境でも確認することができるようになります。

macをビシネスシーンで使っている方はぜひとも入れておきたいアプリの一つです。

karuta
karuta
ファイル名を日本語で入れてしまうと文字化けしてしまう可能性があるので、英語で入れるとスムーズに作業を進められますよ!
AppStore

7. 画面に表示されているアイコンを消す?「Hidden Me」

hidden me

Hidden Meはほぼ完全にリモートワークが中心の生活に移行してから必要になったアプリです。

忙しくなってくると表示が追いつかずデスクトップに多くのファイルが残ってしまう方も多いかと思います。

このアプリはそんな時に活躍してくれるアプリで、デスクトップのアイコンを非表示にすることが可能です。

Hidden Me使えばオンライン会議中にアイコンが散らかったデスクトップをみられず、気兼ねなく画面共有を行うことができますね。

AppStore

8. プライバシーを守りながら、macを軽快に「クラウドストレージ」

クラウドストレージ

8個目にご紹介するのはクラウドストレージアプリです。

ここだけかなりざっくりしていますが、僕個人は以下の3つを活用しており、どれもオススメできるアプリなので簡単にご紹介させていただきます。

オススメのクラウドストレージ
  • Google File Stream (Google Drive) ※Gsuiteの登録が必要です。
  • One Drive
  • Dropbox

周知の通りいずれもネット上にファイルを保存することでセキュリティ性を担保するとともに、mac単体のストレージに余裕を持たせることができます。

いずれのサービスも無料で使うことができるので、ご自身にあったサービスを選択いただければいいと思いますが、スクリーンショットを多く撮られる方はDropboxを入れておくことをオススメします。

karuta
karuta
macのデフォルトの設定ではスクリーンショットがデスクトップに保存されますが、Dropboxをインストールすることで保存先がDropboxへ設定することができ、デスクトップが散らかることを防ぐことができますよ!

mac利用のQOLを上げてくれるアプリたち

次にmacの利用を快適にしてくれたり、作業を少し省略してくれるアプリたちをご紹介します。

karuta
karuta
QOLの使い方が変な感じになっていますが、そこは気にしないでください…。

9. 画面を常時表示させて、ロック解除の手間を省く「Amphetamine」

amphetamine

Amphetamineはmacがスリープ状態入るまでの時間を調整するアプリです。

在宅勤務が進んでいますが、僕は自宅で作業することはもちろん、カフェやオフィスなど様々場所で作業を進めることが多いです。

カフェやオフィスでは画面を人にあまりみられたくないのでロックはかかって欲しいけど、自宅の場合少し離席するたびにロックがかかり、そのたびにパスワードを入れてmacを開くのは面倒くさいですよね。

Amphetamineは起動することで、自宅ではスリープモードに入らないように、外出先では普段通りロックがかかるようにすることが可能です!

karuta
karuta
システム環境設定から都度設定する手段もありますが、面倒くさいですよね…!
AppStore

10. ステータスバーのアイコンも非表示に「Barista」

barista

Baristaの必要性は人によって変わってくると思いますが、僕は好きなアプリなのでご紹介させていただきます。

今回ご紹介しているようなアプリを起動していると、ステータスバーにアイコンがかなり溜まってきてしまいます。

アプリを起動、そしてステータスバーにあることで利便性が上がるのは確かなのですが、見栄えが悪くなってしまいますよね…。

そんな悩みを解決してくれるのがこのBaristaというアプリです。「メニューバーにアイコンが多すぎて嫌だ」、「便利だけど、特定のアイコンが嫌いで見せたくない」という方にオススメしたいアプリの一つです!

AppStore

11. 20個のテキストを保存して作業を効率化「Copy Clip」

Copyclip

Copy Clipは文章をよく入力する方にオススメできるアプリです。

コピーしたテキストをクリップボードに20個ほど保存できるので、ブロガーやライター、編集者、資料などを頻繁に作る営業の方などにもオススメできるアプリとなります。

もちろん、それ以外の方も入れておいて損はないアプリだと思います。

AppStore

12. 快適な利用は日常のメンテナンスから!「Onyx」

onyx

Onyxはmacのメンテナンスソフトです。

僕はmac book proの13インチ、mac book airの13インチ、そして以前はmac bookの12インチを使っていたのですが、やはりどんなのスペックを上げていても使い続けるとキャッシュなどが蓄積されて駆動が重くなってしまいます。

そんな時に役立つのがこのOnyxというmacのトータルメンテナンスアプリです。

キャッシュはもちろん、不要なファイルの削除や古いログの削除などを一括で行うことができるアプリです。

使い方はコチラの記事で紹介されているので、ぜひDL後参考にしてください!

OnyxのDLはコチラから!

趣味の時間を加速させるアプリたち

macを使うみなさんは仕事だけではなく、趣味で使う方も多いと思います。

最後になりますが、趣味を楽しくするアプリをご紹介しようと思います。

13. 写真編集を簡単にする「Luminar4」※有料

luminar4

Luminar4は画像編集・加工アプリで、カメラが趣味の方に強くオススメしたいアプリです。中でも、カメラを始めたばかりだけど写真を綺麗に編集したいという方にオススメです。

対比としてよくPhotoshopやLightroomなどと比較されることが多いLuminar4ですが、写真編集の基礎を学んだり、簡単に調整するといった点に関してはかなり秀でていると思います。

写真の編集だけを行う方はAdobe製品よりもコチラをLuminar4を利用することをオススメします。

karuta
karuta
スポット的な利用なら、費用的な観点でLightroomやPhotoshopがまとまったAdobe Creative Cloudの利用をオススメします!
AppStore

14. 未知の音楽と出会えるアプリ「Spotify」

Spotify

次にご紹介するのは知らない人はいないと思われるくらい有名なアプリ、Spotifyです。

音楽ストリーミングサービスとして、Apple Musicと比較されることが多いSpotifyですが、僕はコチラをオススメします。

音質が綺麗やUIがいいなど様々な理由はありますが、中でも大きな理由は次の2つです。

Spotifyをオススメする理由
  • 選曲が素晴らしい
  • アカウント間のシームレスでスムーズな連携が素晴らしく使いやすい

詳細は別の記事でご紹介しますが、Spotifyは自分が聞いている曲のジャンルや傾向を参考にオススメの曲を再生してくれるのですが、この選曲が素晴らしくいいんです。

なので、「最近いい曲ないな〜」と思っている方には、Spotifyを使ってみることを強くオススメします!

また、個人的にはmacで音楽を再生しながらiPhoneで音量や選曲ができるのもオススメできるポイントです!

SpotifyのDLはコチラから!

15.誰でもクリエイターに慣れる「Canva」

canva

最後にご紹介するのはCanvaというデザイン系のアプリです。

Barista同様、必要性は人により大きく異なるので詳細な説明は避けますが、複数のテンプレートや素材、キャンバスサイズが用意されており自身で名刺やポストカード、Instagramの投稿などデザイン性が高く要求される制作物を簡単に作ることができるアプリになっています。

基本的に無料で使うことができるので、デザインに興味がある方は一度触ってみてはいかがでしょうか?

CanvaのDLはコチラから!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回はmacの作業を快適にしてくれるアプリを15個ご紹介しました。

中には有料のものもありますが、本当に便利なアプリなので、機会があればぜひ一度使ってみてください。