News

【夢のコラボ!?】comoliがデザインするリーバイスの名作「501」を再現したブラックデニムが気になりすぎる…!

L'ECHOPPE×comoli

みなさんこんにちは!
少し気になるニュースを見つけたので急遽記事にしてしまいました!

EDIFICEやJournal Standardを展開するベイクルーズが展開するセレクトショップ、L’ÉCHOPPE (レショップ)と上質でハイクオリティな日常着をデザインするcomoliがコラボして、デニムブランドの王者とでも言うべき「Levi’s501 (リーバイス501)」を再現したデニムが販売されます。

今回は「comoli×Levi’s501」と言う、個人的に欲しすぎるデニムについてまとめてみようと思います!

それでは早速お伝えしていきましょう!

L’ÉCHOPPE×comoliのコラボデニムの発売日はいつ?金額は?販売場所は?

まずはみなさんが気になるであろう「発売日」や「金額」、「サイズ」そして「販売場所」をお伝えします。

今回のコラボデニムに関する情報は次の通りです。

L’ÉCHOPPE×comoliの情報
  • 発売日  : 2020年6月13日 (土) 11:00 ~
  • 販売場所 : レショップ青山店 / BAYCREWS STORE
  • 販売金額 : 18,000yen+tax (19,800yen in tax)
  • サイズ  : 28,29,30,31,32,33,34,36 (インチ)

後ほどL’ÉCHOPPについて詳しくお伝えをしますが、オンラインショップでも販売を行うため地方にお住まいの方も購入することが可能です。

オンラインショップの場合インチ表示のサイズは少しわかりづらいと思うので、サイズ選びに迷っている方はコチラを参考にしてみてください!

さっそく2つのブランドたちについて整理

上で「comoli×Levi’s501」と書いてしまいましたが、正確には「L’ÉCHOPPE×comoli」のコラボデニムです。

「Levi’sは知ってるけど、L’ÉCHOPPE?comoli?」となる方も多いと思うので、まずはこの2つのブランドについてご紹介しようと思います。

L’ÉCHOPPEとは

L'ECHOPPE logo
まずは今回の販売元であるL’ÉCHOPPE (レショップ) についてご紹介します!

ひとつの服の発見が人々を繋ぐことを願い、
まだ見ぬ新しいもの・見逃されてきた価値を追い求め、世界を渡り歩き、収集する。
そして、それら価値あるものを発信する。

引用 : about

L’ÉCHOPPEはこのコンセプトを元にEDIFICEなどを展開するベイクルーズが運営するセレクトショップです。

他のセレクトショップとは異なり、東京・表参道のみに店舗を構えており、その立地からもL’ÉCHOPPEのこだわりが伺えます。

地方の方は直接ショップへ行くことはできませんが、オンラインショップでの購入やInstagramなどのSNSアカウントを通して商品の確認や購入ができるので、気になる方は要チェックです!

L’ÉCHOPPEはこのコンセプトにあるように世界中のブランドをセレクトし、伝統的なブランドに現代的なテイストを加えたLEと言うオリジナルブランドを展開しています。
6月13日 (土) に販売が開始されるcomoliとのコラボデニムも、このLEのラインから販売されます。

karuta
karuta
今莫大な人気を集めているAuraleeの別注商品も他のブランドより先んじて始めていた印象がありました!

余談ですが、L’ÉCHOPPEが展開するLEというラインはcomoliのデザイナーが監修として入っており、comoliが好きな方は必見のラインです。

comoliとは

comoli logo
次にcomoliについてご紹介します。

comoliは2011年にデザイナーの小森啓二郎さんが立ち上げた日本のブランドです。

comoliでは欧米生まれの洋服を日本の気候や日本人の体型に合うようにデザインし、上質でシンプルな日常着を展開しています。

また、デザイナーの小森啓二郎さんはL’ÉCHOPPEが展開する独自ライン、「LE」の展開商品の監修を行っており、LEが販売する多くの洋服にも上記のような特徴が見受けられます。

今回新たに販売される501をベースにしたブラックデニムも、原型を尊重したものと日本人の体型に合わせた2つの種類が展開されるようです。

この種類展開からもLEにはcomoliのデザイナーである、小森啓二郎さんの趣向が大きく反映されていることが分かります。

karuta
karuta
comoliのデニムはこれまでベルト付きのものが多く、ベーシックなサイズ感の物を求めていた方にはぴったりだと思います!(僕です!)

ちなみにcomoliは青山に店舗があるので気になる方はぜひ足を運んでみてください!

「L’ÉCHOPPE×comoliのブラックデニムは王道ストレート

 

この投稿をInstagramで見る

 

【LE】Black Denim(2type) 06.13(sat)11:00 Release! 18,000yen+tax #LE #lechoppe #denim #jeans

L’ÉCHOPPE(@lechoppe.jp)がシェアした投稿 –

 

この投稿をInstagramで見る

 

【LE】BLACK DENIM 06.13(sat)11:00 レショップ青山店&BAYCREWS STOREにて同時発売 〜〜〜〜〜〜〜 501のフィットを踏襲した2タイプを展開。 ひとつはベースとなる501と同様の立体的なヒップに適したフィット(TYPE:KK) もうひとつは、日本人に多い平面的なヒップに適したフィット(TYPE:CO) 引き続きCOMOLIのデザイナーである小森啓二郎氏が監修し、今作に限ってはSTABILIZER GNZ(スタビライザージーンズ)の矢實氏も共に監修を務める。 ブラックデニムの素材開発から始まり、リベットやボタンなど全てオリジナルに拘った。 併せて、同素材を使用したキャップ、ハット、バッグも展開いたします。 BLACK DENIM (TYPE KK&CO)18,000yen+tax SIZE:28,29,30,31,32,33,34,36 #LE

L’ÉCHOPPE(@lechoppe.jp)がシェアした投稿 –

L’ÉCHOPPEのInstagramアカウントで「タイプKK」と呼ばれる「501と同じく立体的なヒップに適したフィット」タイプの写真がアップされていました。

もう一方の「タイプCO」は平面的なヒップに適したデザインとなっているようです。

karuta
karuta
普段履いているデニムやパンツで「お尻部分の生地余り」や、そのせいで少しお尻の部分が「モフっ」となってしまうのが気になっている方はタイプCOがオススメかもしれません!

 

この投稿をInstagramで見る

【LE】BLACK DENIM 6月13日(土)11時 青山店&WEBSTORE同時発売 BLACK DENIM (TYPE:KK)18,000yen+tax SIZE:33(178cm,66kg) #LE

L’ÉCHOPPE(@lechoppe.jp)がシェアした投稿 –

karuta
karuta
この着画を見ると501をベースにしている「タイプKK」も比較的スリムなデザインになっていそうですね!

まとめ

いかがでしたか?

L’ÉCHOPPEは結構前から気になっているセレクトショップ、ブランドでしたがcomoliのデザイナーが監修しているとは知りませんでした…。

comoliのデザインや世界観が好きな方には本当におすすめのブランドになっているので、気になる方はぜひInstagramなどをみてみてください!