Travel

【京都・大阪・福岡の学生必見】新幹線で新大阪-博多間を格安で移動する方法3選!

みなさんこんにちは、かるた (@hibiloh.karuta)です。

本記事では「新大阪駅から博多駅」まで、新幹線で格安で移動する方法と新幹線のチケットを格安で購入する方法をご紹介します!

ただでさえ高い新幹線のチケット代ですが、この方法を使うことで、新幹線の交通費を普段の新幹線移動と比べ最大約50%削減できます。

新大阪駅のほかにも、新神戸、西明石、姫路駅が最寄りの方にもオススメです!

しかし安くなる分もちろんデメリットもあるので、ポイントと注意点を簡単にまとめました。ポイントにメリットを感じる方や比較的時間に融通の効く学生などへオススメです!

  • 新幹線の移動費用を大幅に削減することができる
  • 自分の好きな (オシャレな) ホテルに泊まることができる
  • 様々な地域の駅で下車できるため、駅弁や景色を楽しむことができる
  • ひとり旅などでは自分ひとりの時間を過ごすことができる
  • 全席指定席
  • 新幹線の乗車時間が長時間におよぶ
  • 当日の購入は不可能
  • 乗り遅れた場合、後発の電車への乗車ができない
  • 近畿2府4県でしか販売されていない

前書きが長くなってしまいましたが、それでは早速「京都・博多間を新幹線で格安で移動する方法」を、そして最後まで読んで下さったみなさんには「福岡県在住者がこの移動方法を使う裏技」ご紹介します。

新大阪-博多間を新幹線で格安で移動する方法

早速結論ですが、京都・博多間を新幹線で格安で移動する方法は以下の3種類です。

  1. 日本旅行「関西発 バリ得こだま・ひかり・つばめ号」の利用
  2. JTB 「トク特!ひかり・こだま 博多・小倉」の利用
  3. 大学生・専門学生限定 「学割」の利用

「J-WESTカードの利用」という手段もありますが、大学一回生などでまだ「クレジットカードを作ることができない方」のことを考慮して、今回は省略しています。

それでは、それぞれについてご紹介していきたいと思います。

個人的に一番オススメ!
日本旅行の「バリ得こだま・ひかり・つばめ号」パック

まずはじめにご紹介するのは、大手旅行代理店の日本旅行が提供する「関西発 バリ得こだま・ひかり・つばめ号」パックの利用です。

日本旅行の商品ページでは以下のように紹介されています。

「バリ得こだま・ひかり・つばめ号」は、1名利用・片道利用が可能な新幹線を利用した格安ツアーです。
博多・小倉・熊本・鹿児島中央へとにかく安く行きたい!オトクに旅したい!というお客様にはイチオシの商品です。

(引用 : 日本旅行 バリ得こだま)

このように1名・片道から利用できるのが大きなメリットです。また、片道ごとに博多駅で利用できる「200円クーポン」がついてくるため、お土産やお弁当、おかし、本などの購入に充てることで新幹線の乗車時間の気を紛らわすことができます。

ただ、利用可能店舗がKIOSKだけと限られていたので、利用の際には注意が必要です。

メリット

「関西発 バリ得こだま・ひかり・つばめ号」パックは片道6,900円 (子ども 3,450円) とかなりリーズナブルです。

新大阪・博多駅間の移動費が指定席利用で片道約15,000円だと考えると、まさに破格の金額です。仮に新幹線を利用して恋人と博多旅行へいく場合往復で60,000円ほど必要になりますが、「関西発 バリ得こだま・ひかり・つばめ号」パックを利用すれば二人で30,000円弱の交通費で済んでしまうので、金額的なメリットはとてつもなく大きいです。

デメリット

一方で、冒頭に説明したようにやはりデメリットも存在します。

そのデメリットとは、各駅停車の新幹線「こだま号」が主な移動手段となるため、乗車時間が約5時間にも及んでしまうということです。

金額的な部分は半分に抑えられても、時間が2倍になってしまうので、「旅行の移動時間はできるだけ短縮したい!」という方には不向きな商品となっています。

そのほかにも、「当日購入不可」「後発列車への乗車不可」など複数のデメリットもありますが、新幹線を利用する突発的な旅行はそれほど頻発しないと思われるため、それほど大きなデメリットにはならないでしょう。

また、Web予約の場合は出発の3日前までに予約が必要と少し不便なのですが、後ほど紹介するJTB「トク得!ひかり・こだま・ 博多・小倉」はWebで予約を行う場合は出発の5日前までの予約が必須であるため、むしろメリットになるのではないでしょうか。

また、店頭で購入する場合は前日まで購入可能なので利便性は高いです。

JTBも負けてない!
「トク特!ひかり・こだま 博多・小倉」

 

この投稿をInstagramで見る

 

@935.momolaがシェアした投稿


実はさきほどご紹介した「関西発 バリ得こだま・ひかり・つばめ号」パックと似た商品が JTBさんからも展開されています。

それが「新幹線バリューパック! トク特!ひかり・こだま 博多・小倉」という商品。

こちらも片道6,900円で新大阪-博多間を新幹線指定席で格安移動できるパック商品です。
本当によく似ているので詳細はコチラをご覧ください。

金額やクーポンなど「バリ得こだま・ひかり・つばめ号」と類似点も多い「トク得!ひかり・こだま 博多・小倉」ついて解説します。

メリット

JTBが販売する「トク得!ひかり・こだま 博多・小倉」は、日本旅行が展開する「バリ得こだま」とおなじく、新大阪-博多間を格安で移動できる新幹線パックです。

時期により変動しますが、片道6,900円~とおなじ金額感での移動が可能です。
店頭で購入する場合、日本旅行と比較して店舗数がJTBの方が多いため「バリ得こだま」よりも買いやすいのではないでしょうか?

デメリット

「バリ得こだま」と商品の性質が似ているため、自然とデメリットも似ています。

突発的な旅行は少ないとは言え、「当日購入」や「後発列車への乗車」ができないなど、緊急のタイミングに弱いことは否めません…。
そして、「バリ得こだま」と異なり、Web予約で購入する場合は5日前までに購入を行わなければならないことも注意しておきましょう!

何が違う…??
日本旅行とJTBの新幹線格安パック

これまでに予約日数などの観点から「バリ得こだま」をオススメしてきましたが、本当にそうなのでしょうか?
もう少し別の視点から見るために、日本旅行の「バリ得こだま」とJTBの「トク特!ひかり・こだま 博多・小倉」のパッケージ概要をまとめました。

「関西発 バリ得こだま・ひかり・つばめ号」

金額6,900円 ~ (時期により変動)
電車こだま・ひかり・つばめ号
発車新大阪駅
行先博多・久留米・佐賀・熊本・鹿児島
乗車時間約5時間
予約期限出発前日 (Web予約の場合は出発3日前)

「新幹線バリューパック! トク得!ひかり・こだま 博多・小倉」

金額6,900円 ~ (時期により変動)
電車こだま・ひかり・つばめ号
発車新大阪駅
行先博多・久留米・佐賀・熊本・鹿児島
乗車時間約5時間
予約期限出発前日 (Web予約の場合は出発5日前)

すると、ほとんど違いがないことにお気づきでしょうか?
比較するために、もう少し詳しく見てみましょう!

目的地に合わせた使い分けでより多くの交通費を節約に!

これまで「新大阪-博多間」の移動にフォーカスしてきましたが、実はこの2つのパック商品、博多駅での乗り換えが必要なのですが、新大阪駅から鹿児島中央駅まで新幹線を使って移動することが可能です!

終着駅、鹿児島中央駅まで移動した際の金額を比較した表が下のものになります。
ご覧いただくとわかるのですが、九州新幹線を使って博多から南下しようとすると、JTBの「トク得!こだま・ひかり 博多・小倉」パックを利用する方がかなりお得になるんです。

  • 新大阪-熊本間は片道19,200円かかるので、10,300円の節約
  • 新大阪-鹿児島中央間は片道22,630円かかるので、11,770円の節約

「関西発 バリ得こだま・ひかり・つばめ号」
新大阪駅発

到着駅金額
博多6,900円
新鳥栖・久留米9,400円
新玉名10,600円
熊本10,800円
鹿児島中央12,400円

詳細はコチラ

「新幹線バリューパック! トク得!ひかり・こだま 博多・小倉」
新大阪駅発

到着駅金額
博多6,900円
新鳥栖・久留米8,900円
新玉名8,900円
熊本8,900円
鹿児島中央1,1900円

詳細はコチラ

福岡在住者が日本旅行・JTBの格安新幹線切符を使って大阪・京都へ格安で旅行する方法!

観光立国の日本の中でも「京都」や「大阪」、そして「福岡」も絶大な人気を誇る観光地です。しかし、今回紹介した2つの商品は近畿2府4県でしか販売していないため、福岡在住の方は購入ができません

しかし、福岡在住の方でもオンライン予約でチケットを購入することで、格安で京都旅行や大阪観光を楽しむことができます!

ただし、デメリットがあることも忘れずにご予約ください。

なに気に知らない?
新幹線にも使える学生の特権「学生割引」

最後に「そんなに長く新幹線に乗ってられない!」という方のために、「学割」についてご紹介します。

学生割引(学割)とは、JRが指定する学校の学生・生徒に対して、JRの運賃を2割引にする制度です。

JRが指定する学校とは、中学・高校・大学・専修・各種学校で、学校教育法が定める日本の学校はほとんどが含まれます。

(引用 : JR新幹線ネット)

学生割引とは上にも記載があるように「正規学生のみ」が受けることができる割引制度のことです。ただし、無条件に安くなるというわけではなく、学生割引は次の条件を満たしている時のみ適用されます。

  • 正規学生であること
  • 学生証では割引は適用されないため、「学校学生生徒旅客運賃割引証」を持参すること
  • 自動券売機やWeb予約ではなく、駅窓口で購入すること
  • 割引は運賃からのみ20%引き (指定席特急券からは割引かれない)
  • 片道101Km以上の場合のみ適用

参考 : JR新幹線ネット

学割に必要となる「学校学生生徒旅客運賃割引証」は学生課へ問い合わせればすぐにもらうことができますが、所定の手続きが必要です。

僕が在籍していた大学では「学生ID?(Web履修登録をする時にログインするIDとパスワード)」と「保護者の電話番号」の2つが必要だったので、大学によって取得方法や手続きは異なるようですが、スムーズに取得手続きを進めるためには事前に調べておくことをオススメします。

また、学生割引は先にご紹介した「日本旅行」と「JTB」の2つの商品には使用できないのでご注意ください!

まとめ

今回は「新大阪-博多駅間を格安で移動する方法」をご紹介しました。

時間はかかってしまいますが、その分ひとりの時間を自由に使うことができるので、タブレットやスマホで映画を観たり、読み進められていない本を読んだり、これまで降り立ったことがない駅に足を踏み入れたり、各地域の駅弁を食べることができたり。

博多までいく時は「バリ得こだま」、熊本、鹿児島へいく時は「トク得!ひかり・こだま 博多・小倉」

楽しいことも多いので、ぜひ活用してみてください。